Profile

maco

生命を祝福する Blessinger(Blessing+Singer)
音の時空間を創造する Sound Artist


宇宙(生命)は、「静寂」であり、
また、その表現である「音(波動・粒子)」です。

自然生命の、存在の安らぎと、創造の歓喜
その美と調和、連動や循環、無限の豊かさを祝福し、

作曲、編曲、歌、ヴォイス、ピアノ、ライトランゲージ、サウンドアルケミー、倍音トーニング、詞・詩、アート、書など、
様々な表現に結晶化し、分かち合っています。

何もなく ただ在る 愛の安らぎに 自ずと溢れ 花開く 創造という 歓喜の光 Sound of Light Sound of Life Sound of LOVE…

Biography

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。
音楽高校・音楽専門学校の講師を経て、アコースティックユニットでメジャーデビュー。
同時に、スタジオミュージシャンとして、他アーティストのサポートや楽曲提供、アニメ主題歌歌唱、ラジオパーソナリティ等、幅広く活動。
ユニット解散後、ソロのシンガーソングライターとして活動スタート。

2007年より、ヴォイスヒーリング・サウンドヒーリング、表現と創造、自然生命などを主なテーマに、セッション・WS・講座を提供。
誰もが生命のアーティストであることを伝えるとともに、多くのヴォイスヒーラー・サウンドヒーラーを養成。
また、自己の統合プロセスや、度重なる覚醒体験・一瞥を経て、「生命を祝福する Blessinger」という、自らの基盤が定まり、音楽活動に表現。

2015年頃から、音の錬金術的ツールである、生命の光の言語「ライトランゲージ」のセッション・WS等も提供。
ライトランゲージやサウンドヒーリングや音楽制作、そして、水や植物や星や人体など「自然生命」を通して、音という「創造」への理解がより深まったことで、
絵、書、詩など、さらに活動分野が広がる。

2020年秋より、自然生命にやどるcosmicな美と調和をテーマに、「音の時空間創造」としてのインスタレーション表現にチャレンジ予定!

Discography
人生讃歌の日本語歌曲、自然生命の調和をテーマにしたライトランゲージ・ヒーリングミュージック、コラボ作品 等

Client Works
「ユニクロ×Disney」コラボプロジェクトの音楽制作、ミュージカル「天の河伝説」の劇中歌制作 等

Favorites

ニャーズと遊ぶこと、ニャーズの写真を撮ること
地球の自然の美しさに触れること
自然の中で歌うことや、自然の奏でる音楽を収集すること
花や水、自然の写真を撮ること
おいしいものを食べること
眠ること、笑うこと、踊ること、描くこと
身体のケアをすること
温泉でゆるっとすること
祝祭・祝宴
愛のままにあり、静寂であること、そして、音祝ぐこと

Vision・Message

わたしがいて、あなたがいるように観えることで、
時間・空間という宇宙がうまれ、

すべては、出逢い、多様な違いを知り、無限の可能性を知る、
「創造」という夢を楽しんでいる。

人生とは…生命とは…、まるで、静寂から生まれた音楽のよう。

どこでもなく、いつでもない「今=ここ」に、すでにある至福…その安らぎ、
万物を生み出す本質としての「静けさ」と、

ミクロにもマクロにも、縦にも横にも、上にも下にも、多様に現れ、
つながりあい、重なり合い、連動しあいながら、
完全な調和の内に、創造する生命。

ありてあるすべては、音であり、音楽であり、
無限の静寂に、満ち溢れ、花開いている…

あらゆるすべてが、生命のアートであり、
あらゆるすべてが、Createする、生命のアーティストです。

愛してやまない母なる星「地球」の、自然の美しさ…
この星のこどもであり、その細胞ともいうべき、わたしたち人類、
その身体や心の神秘…
人体の宇宙と大宇宙の連動…

無でありながら、
無限に、彩り豊かに溢れかえり、めぐりめぐる自然生命の美しさ、素晴らしさ!

個別に観えるすべては、
生命という「存在」の、無限に多様な表現であり、
切り離されているものは、なにもなく、

ここに在るのは、
永遠の生命の、無限の「創造」という歓喜のスパーク、

そして、生きとし生けるすべてへの、祝福と、慈愛です。

すでに「今・ここ」にある、安らぎに満ち足りて、
誰もが…すべての生命が、のびのびイキイキ自由に、
それぞれの自然なよろこび、内なる創造性を花開かせ、
みんな元気に笑って楽しんでいる…

ひとつの光が、プリズムを通して、虹色になって現れるように、
ありてある生命が、色とりどりの違いを楽しみ、讃えあう…

そんな祝祭の時間を…
そんな天国のような「地球」を…

ここに生きて、
響きあい、共同創造しています。

もはや、わたし自身のような「音」と共に。

ありのまま、ただ、そのまま、
生命の静かなよろこびのままに…

「今ここ」にある恵みを、めで味わい、

わたしである、あなたと出逢い、
共に、笑い、楽しみ、
歌い、奏で、描き、書き、踊り…

人生讃歌♪ 生命謳歌♪

Biography & My Story

1972年、福岡県飯塚市に生まれる。
5才からオルガンを、7才からピアノをはじめ、自然に、作曲や即興演奏を楽しむことを覚える。

(好きに自由に、ピアノを弾き、ラララと歌って、よろこびのままに音を紡いで遊んでいた、この頃のわたしが、表現活動の原点であり源泉です。)

14才から専門的に作曲を学びはじめ、東京芸術大学附属音楽高校を経て、東京芸術大学音楽学部作曲科へ進学し、クラシック音楽〜現代音楽の作曲を学ぶ。

卒業後は、東邦高等学校音楽科、バンタン芸術学院、ミューズ音楽院、ワタナベエンターテイメントカレッジ等、音楽高校や音楽専門学校にて講師をつとめながら、
スタジオミュージシャンとして、他アーティストのライブサポートや、レコーディング、楽曲提供、様々な歌番組やSMAP×SMAP等のテレビ出演、FM世田谷にてラジオ番組のアシスタント、「オンド☆ガール」名義でアニメ「ケロロ軍曹」のエンディングテーマ歌唱…など、幅広く活動。

1998年、アコースティックユニットのピアニスト&作曲家として、コロムビアレコードよりメジャーデビュー。
2000年にユニット解散の後、シンガーソングライターとしてソロ活動をスタート。

その頃、ステージでひどく緊張することに悩み、フラワーエッセンスやヒプノセラピーなどを体験したことで、精神世界に興味を持ち、
また、親友の交通事故死と、その数日前に親友が語っていた言葉「生きてるって何やろね?死ぬって何やろね?」という言葉が、深く心にこだまし、生命について思いをめぐらすようになる。

その後、気功、瞑想、オーラ・チャクラリーディング、クリスタルヒーリング、タオの功法、様々なエネルギーワーク等を学びながら、意識とエネルギーの探求が始まる。

命の危険を感じるような機能不全家庭で育った幼少期や、その鋳型から生まれた、自分の身体や心や、様々な関係性、自分という世界に潜む歪みをみつめ、バラバラの欠片を統合しながら、

自身にとって最も馴染み深い「音」を通して、「わたしとは何なのか?」「宇宙(時間・空間)、生命とは?」そして「創造とは?」について、理解を深めつづける。

2007年より、「音・声・歌・自然・表現・創造性」などを主なテーマに、独自のアプローチで、ヴォイスヒーリング・サウンドヒーリング、自由な歌唱、音楽を中心にしたアート表現などのWS・講座・セッション・レッスンを提供。
声や音によるセルフヒーリングを伝え、またヴォイスヒーラー・サウンドヒーラーを養成。

2008〜2009年頃、ワンネス体験や、悟りの一瞥をくりかえし、いつでもない今・どこでもないここに「すでにあるもの」に目覚める。
(これは、言葉で表されることのないもの。失われることも、得ることもありません。あらゆるすべてが、これであり、この表現です。)

その後も、「なにもない」リアルと、
(精神世界も含めた)個人的な物語…「現象/幻想」世界との、どちらもをみつめながら生きる日々が続く。

魂の約束ともいうべき関係性を通して、人生の鋳型(特に、親子関係や、男女のパートナーシップ)と生命原理をみつめ、
タントリックなエネルギーの変容と、肉体の神秘を味わい、
豊かな自然に囲まれて、自然生命のもつ、豊かさや美しさに触れ、

また、ライトランゲージ音楽制作を通して、様々な次元階層にわたる「音」の運ぶ情報をみつめる中で、

時間・空間の認知や、意識の視座が、徐々に変容。

不変・普遍の存在感覚、
時間も空間もない、何も分かれていないコレ…

自己という宇宙…時間・空間を包括した感覚や、
ミクロにもマクロにも連綿と続く、フラクタルでホロニックな時空の感覚、
ものごとを構成する、数や幾何や光や粒子、音や音の銀河のような、精緻な情報、
多次元的・多層的・多面的な意識とエネルギーの連なり…など、
カメラのフォーカスを合わせるように、様々な認識がたち現れるようになり、

その人知を超えた、自然生命の摂理の美しさや完全さに、感動し、圧倒される日々を過ごす。
(それは、はからずも、ずっと学び続けてきた、音楽や音の奥にあった世界そのものでした。)

2018年頃からは、生命のホロニックな調和と共に、「人間」という種の形態や、生命のシステムに強い興味を持って、
身体や物質の構成・構造と精神との連動、水や植物をはじめ自然がはこぶ智慧、量子場、集合意識場、重力や磁力、プラズマなどについて、音を通して研究を続け、
(個人的な体験からいえば、音楽も、スピリチュアルも、数学や医学や天文学や化学や物理学…科学も、同じものを別側面から捉えているように思います。)

音から聴こえてくる、生命の内的秩序、美しい調和の原理と創造の力をみつめながら、音楽制作、ライブ、音のセッション・WS、アート制作などに表現。

なにもない静寂という、得ることも失われることもない完全な安らぎ、
そして、音〜ミクロにもマクロにもあらゆる空間、あらゆる次元階層、あらゆる時間に、つながり・連なり、完全な調和の内に、多様に現れめぐりめぐる、生命という創造の響きの美しさ、

ひとつでありながら、ひとつひとつであるように観えることで、出逢い、響き合い、共に「創造」の夢をみる、生命という音楽の素晴らしさを、
讃えあい祝福しあい「響き合う」音の時空間を分かち合っている。

Scroll to top