HOME

桜の花が 舞いおどる春
頬なでる やさしい風が 思い出を ひらく

静かな瞳 深く響く声
つないだ手の あたたかさと 見守る 微笑み


あなたが くれたものは
わたしが ただわたしで

笑って 生きていける
こころの ぬくもりの HOME


このままの 自分のままで
一歩ずつ 一歩ずつ
ゆっくりと 踏みしめて

迷ってもいい 転んでもいい
何度でも 何度でも
ここに帰ってくればいい


時の花びら 舞い散るように
日々は過ぎ 気づけばまた 春を迎える

時に迷って 時に転んで
まだ少し 頼りない わたしの足取り


あなたが くれたものが
胸の中 変わらずに

わたしを 育んでる
このぬくもりこそが HOME


人はただ 自分の道を
一歩ずつ 一歩ずつ
踏みしめて行くんだね

ただ ここにいる
わたしのままで
少しずつ 少しずつ
出逢い 広がる 世界 HOME


いつだって 今ここにある
生きている 生きていく
ぬくもりと よろこびの HOME


Copyright (C) Masako Kimbara All Rights Reserved.