信頼のマリアの薔薇〜La vie en rose

ライトランゲージアート書セッション「La vie en rose」にお申し込み下さった、S様のアート書、並びに、祝辞(祝福とアルケミーのメッセージ)をシェアさせていただきます。

【祝辞①】

上を向いて 生きてきました

くじけそうになっても

こころの涙がこぼれおちて
堰を切って
溢れ出してしまわないように

それでも 笑って
上を向いて 生きてきたのです

どんなものをも 包み込める
豊かな 豊かな 愛を
まあるい まあるい 愛を持って
生まれてきたから

人は言うでしょう
いろいろなことを

でもこころの誇りを 失うことなく
まっすぐに 上を向いて

広々とした 空のようなこころで
笑って 生きてきたのです

我慢をしたのではないのです

どんな人の中にもある
ほんとうの美しさや優しさを知っていたから
それを まっすぐに見つめてきたのです

まっすぐに 愛を見通し
長い目で見守り 慈しみ
信頼し 育んできたのです

誰よりも
その人よりも
まっすぐに まっすぐに

愛の光を みつめてきたのです

なんと美しい魂でしょう
なんと気高い魂でしょう

母であり 女であり 少女であり
マリアである 生命の薔薇よ

もう だいじょうぶ
だいじょうぶです

愛をもって こらえた涙は
天に還り 光をあびて
虹となって 美しくかがやくでしょう

愛をもって こぼれた涙は
大地を潤し 恵みもたらす
慈雨となって よろこびを培うでしょう

そして また
新たなる花を 咲かせていくのです

新しい時代に ようこそ

【祝辞②】

もしも こうだったら
もしも ああだったら

考えてはみるけれど
道は ひとつ

そう

わたしが選んだ この道が
わたしが歩んだ この道が

わたしの生きた 最高の道

堂々と 胸を張って
すべての道のりを愛おしく 抱きしめて

また 一歩 一歩と
踏みしめてゆく 未知

どこまでいっても わたしの道
どこを歩んでも わたしの道

わたしが選ぶ この道が
わたしが歩む この道が

愛おしくて たまらない
愛おしくて 愛おしくて たまらない

ぜんぶぜんぶが
わたしの 生きる
わたしの 花道

【祝辞③】

なんども くりかえす
あやまちのように 観えるけれど

より深く より深く
もぐっては

より強く より強く
根を張っているのです

ゆるぎなく
この地の星に根付くように

やわらかく
この地の星を抱くように

空を仰ぎ見れば
かがやく満天の星

すべてはわたしの中に

この星もわたしの中に

あたたかい 世界を
育んでいるのです

ゆっくりと 時間をかけて
たっぷりと 愛をそそいで

涙すら 輝きにかえて

Scroll to top