自愛とゆるしと慈悲の薔薇 La vie en rose 10

ライトランゲージアート書【La vie en rose】セッションのモニターにご協力くださったM様の、アート書をシェアさせていただきます。


M様の薔薇は、白、淡いピンク~淡い紫、あたたかいゴールド、そして、サポート的に淡いブルーが入った薔薇でした。

キリスト&マリア意識からの、罪悪感や自己否定感や無価値感を統合する、無条件の愛による「ゆるし」と、
セクシャリティ(クリエイティビティ)のエネルギーの解放・開花のサポート、

また、これまでに歩んできた人生の道のりを含め、
自分自身を、まるごと受容し、自分を愛し慈しむ、観音からの慈悲のエネルギーのサポート、

そして、軽やかに、軽やかに、幸せにほほえみながら、楽しんで流れていけるように、
水のエレメントと、M様と仲良しの風のエレメント&薔薇のスピリットからのサポートもふんだんに…。

自分自身に対して、なんの条件もなく、そのままを愛し受け容れることで、自分自身とのコミュニケーション(自分への気付き)が深まり、
自然体での表現や創造がなされていき、また、スピリットのもつ特色のひとつでもある、慈悲のエネルギーも自然とあふれていくようになる。

そのためにも、まず、性エネルギーが活性化し、ここちよい「体感」が深まることで、
安心感や、身体に安らいでいる(グラウンディング)につながり、無条件に自分を愛し受け容れやすい状態になります。

また、特に、今は、触覚…皮膚感覚や、肌感覚、ぬくもり、そして、身体の「中」の、筋肉などの動きや、コアの感覚、バランス感覚などを丁寧に味わうのがおすすめでした。

身体を通して、心地よさをたっぷりと味わって、めくるめく至福の時間をたくさんお過ごしくださいませ~♪

★M様より頂いたご感想

macoさんが描く私自身のオリジナルな薔薇アートを見てみたくて、申し込みました。

淡く綺麗な色合いの渦の流れと、ゴールド&シルバーの文字…というか、もはや模様の繊細なきらびやかさとが相まって、全体的にみやびやかな印象でした。

そして、僭越ながら、なんかしっくりきていました。
というのは、オーラソーマを以前習っていた頃、同じような色合いのボトルにしっくり感をおぼえていたので(もちろん他の色合いのボトルにも多々惹かれます!)、
また、ゴールドに関しては、最近、身に付ける機会が多くなっていたので。(ピンクゴールド、シャンパンゴールドなど)

なので、自分が惹かれる色、必要と思われる色、、、色というか周波数は、何気に自ら選んでいるのだなーと改めて実感しましたし、もう少し、自分自身を信頼してもいいのかなーとも思いました。

私にとっては、このセッション単独でどうのこうのというよりは、一連の流れの中での必要なセッションだったという印象です。
申し込む直前か後か忘れてしまいましたが、またひとつ気づきを得ることができました。
その感覚を深めて体現していくに際して、このセッションで頂いたサポートと、自分の質をアート書とレポートで都度確認できるということは、これから非常によい助けになると思いました。

ポイントをまとめたレポートがあるのがよいです。
アートを眺めうっとりしつつ、レポートも何度も読み返して、気づきを得ています。

あと、アート書もレポートも写メして、カフェとかでひと息つく時にぼーっと眺めたりしています。
(画像はやはり実物よりあまくなるので、雰囲気つかめる程度で)

Scroll to top