【満枠御礼】ライトランゲージアート書セッション La vie en rose 第3弾モニター募集

追記:最後のモニター様、決まりまして、モニター募集は終了いたしました。
ありがとうございます💗
ご興味持って下さった方がいらっしゃいましたら、セッション提供スタートまで、今しばらくお待ちください。
(10月中を予定しています。)



2回に渡って、モニター募集しました、ライトランゲージアート書セッション「La vie en rose」。

http://blessinger.net/sound/?p=7387

http://blessinger.net/sound/?p=8226

おひとりおひとりが、かけがえのないそれぞれの人生の経験を通して、咲かせていらっしゃる薔薇🌹

描かせて頂くわたしにとっても、生命の光の美しさを、味わい愛で、讃える、至福の時間です💗
ご縁をいただき、ありがとうございます!


モニターにご協力下さった皆様の、生命の薔薇のアート書や、お贈りした祝辞、そして、頂いたご感想など、
少しずつ、こちらでシェアさせて頂いておりますので、ぜひ、ごらんください。


そして、このたび、セッションモニターを、追加で、1名様のみ募集いたします。

今回は、155mm×155mmの張りキャンバスに、描かせて頂きます。
(今回も、祝辞は「オプション」として、お選び頂くかたちになります。)

キャンバスに描いたLa vie en rose作品がまだないので、
かわりに、先日描いた「Sacred Space」という作品を、キャンバスのイメージとして、載せておきますね。

なお、今回で、La vie en roseセッションのモニター募集は、最後となります。
(以降は、正規価格にて、不定期での募集となります。)

ビビッと来た方は、ぜひご応募くださいませ😉

ライトランゲージアート書セッション 【La Vie en rose】

あなたという「生命の花」の美しさを讃え、

その美しさが、そのままに、
この、かたちある世界に、さらに豊かに、明確に、表現され開花するよう、

そして、あなたが、あなたのままで、生きているよろこびを謳歌して、
La Vie en rose(バラ色の人生)を生きていかれるよう、

祝福をこめて、薔薇のライトランゲージアート書を制作させていただきます。


アート書の中でも、薔薇シリーズは、女性性、聖母性、女神性の表現にフォーカスしたものです。

美と豊穣、悦楽、生命力、自愛・慈愛、生み出し育む力、感受性UP、創造性の開花…などなど、
人生を、創造的に、豊かに楽しむための特質を引き出します。


恥じることも、媚びることも、隠すことも必要ない、
そのままのあなたの、存在の美しさを、たっぷりと味わって、
イキイキと、薔薇のように咲きほこり、その美しさを分かち合い、豊かさを巡らせてください♪

アート書を描き、祝辞を紡いでいる間は、ずっと、遠隔でのライトランゲージによる、ヒーリングやアクティベーションを行っている状態となり、
その状態がアート書というカタチに凝縮されます。

アート書とともに、セッション中に感受した意識とエネルギーの、キーワードやポイントなどを、簡単にまとめたセッションレポートを添えて、お届けいたします。


また、あなたという生命の美しさ…とりわけ、あなたとアート書とのアルケミーで花開いていく美しさを、祝福して紡いだ日本語詩、「祝辞」を、オプションでおつけすることができます。

アート書のサイズ
今回のモニターは、155mm×155mmの張りキャンバスとなります。

★セッションの流れ
お申込み→ご入金から、2〜3週間以内を目処に、遠隔にてセッションをおこない、発送時に、改めて、ご連絡いたします。

★モニター料金(アート書・セッションレポート・送料込)
16,000円

★オプション
祝辞(アルケミーと祝福のメッセージ) 5,000円

★モニター条件
作品到着後、セッションのご感想を、自動返信メールに記載の「アンケートフォーム」から、お送り頂けるよう、ご協力をお願いいたします。
※頂いたご感想は、HPやブログなどで、ご紹介させて頂く場合がございますので、あらかじめ、ご了承ください。

お申込み
こちらのお申込みフォームから、お願いいたします。( 2019/09/30 追記:モニター様決まりました。ありがとうございます💗)

La Vie en roseの薔薇の絵について

薔薇の絵を描いている時、いつも、大好きな「薔薇のスピリット」と共に、「Maria意識」を感じています。

それは、聖母マリアや、マグダラのマリアに象徴される、Divine Mother(聖母性)と、Divine Feminine(聖なる女性性)
女神性、生命原理の女性性的な側面、と言ってもいいでしょう。


そしてまた、薔薇として描きながら、同時に、それは、

生命エネルギーのヴォルテックスにも、
渦巻く「龍」にも、
自然生命のもつ美しい理、進化成長と繁栄を促す秩序にも観じられています。


いずれにせよ、宇宙にたったひとつだけの花…
あなたとして表現され創造される、その「生命の花」の美しさ、
「存在」から花ひらく「創造の悦び」を、

さまざまに知覚される生命の本質としての意識とエネルギーをみつめながら、

大切に愛で、讃えるように、
咲き誇る薔薇のような生命の渦を、「色・線・形」に、描かせていただきます。

アート書のライトランゲージ文字について

アート書に書かれている、ライトランゲージの文字は、0ポイントと呼ばれる創造の源泉…無限の静寂から、生命の愛と光を讃えるという意図のもと、自ずと溢れてくるままに、自動書記のようにして書き記した、光の文字です。

ひとつひとつの文字が、ひとつの音や、ひとつの意味のみを、平面的に示しているわけではなく、
それぞれの文字に、様々な次元・階層にわたる、多彩なヒーリングエネルギー、意識の構造やデータ、アクティベーションの鍵などが、時空を包括して「結晶化」されており、
文字自体が、多次元を束ね圧縮した「ゲート」のように存在しています。


また、ライトランゲージアート書セッションで書かれる文字は、あなたにフォーカスをして書き込まれますので、
あなたの身体のDNAが運ぶ特質や、ライトボディのアクティベーションのための鍵、
魂をはじめ、グループソウルと呼ばれる魂の集合体、マスターソウルと呼ばれる魂の大元のような意識場に存在している情報など、
あなたという宇宙に内在する、様々な美しい情報が、圧縮されて存在しています。

その都度、その都度、あなたの「プロセスに合わせて」、光のコード(暗号・符号)がひらかれていきますので、末永く、お楽しみ頂くことができます。


アート書の使い方のヒント

ライトランゲージアート書は、多次元的・多面的な、あなた自身の存在の美しさと共鳴し、それを映し出す「鏡」のようなものと、捉えてみてください。

アート書を見つめることで、すでに「ここ」に存在している、生命の摂理としての、cosmicな「美と調和」を感じ、自ずと、あなた自身の本質としての「美と調和」に、チューニングされていきます。

アート書に、ある種の美しさや豊かさの質を感じて頂けるようであれば、その美しさや豊かさは、あなたに内在しているものです。

その美しい質を、たっぷりと味わうことで、そのヴァイブレーションにチューニングされ、自ずと現実世界にも、同様に反映され、表現されていきます。

また、ときに、あなた自身に内在する美しい特質を、なんらかの制限的な理由(例えば、小さい頃、親御さんに、そういった側面をたしなめられた…等)で、
自分で拒んで、出さないように、とどめてしまっている場合もあり、

そのような時は、(なんだか気になるけど)「ドキドキする」「ざわつく」…といった反応が起こることもありえますが、
その「抵抗」するような感覚を、頭で分析することなく、「体感」として、丁寧に寄り添うように、受け容れ感じてみていると、自然に、理解や変容がおこってきます。

ご自分の様々な美しさに、自ら気づき、受け取り、讃え、分かち合っていく、その「鏡」のツールとして、

アート書にそっと手をおいて感じてみたり、お部屋に飾ってみたり、写真を撮って携帯電話の待受画面にしてみたり、アート書と心の中で対話をしてみたり…などなど、ぜひ、クリエイティブに、ご活用ください。

オプションメッセージ「祝辞」について

ライトランゲージは、言葉として分化される以前の、原初の言語のようなものであり、抽象度が高いゆえに、マルチに活用できる「音」です。

ひとつだけの意味に縛られるようなものではなく、グラデーションのように、もしくは、多面体のように、生命の本質的な情報を豊かに含んでいるため、
日本語など、既存の言語に翻訳したとしても、(ライトランゲージ自体は変わらずとも)その目的や、対象や、媒介者、フォーカスする時空の座標が変われば、翻訳されて紡がれる言葉も変わります。
(これは、そのライトランゲージに、どのような情報が、含まれているかにもよります。)

ですが、人間として生きる日々において、シンプルな高次のマインドに、チューニング&フォーカスして頂けるよう、
かつ、制限的なマインドに縛られることなく、より直感的に、身体の感覚や、豊かな感性を通して受け取って頂けるよう、
「詩」というかたちで、源からのメッセージ「祝辞」をお伝えします。

「祝辞」は、生命の多次元的な存在の現れとしての「あなた」の美しさを讃える祝福のメッセージであり、
アート書と、今ここのあなたが出逢うことで起こる、アルケミーのメッセージです。

あなたの現在のプロセスを照らし、安らぎと信頼から、慈しみ、讃え、力づける、その一筋の光となりますように。


Scroll to top