ライトランゲージアート書制作中&自然から学び、自然を生きる

先日公開した、薔薇のライトランゲージアート書【La vie en rose】の制作(モニター様募集分)、だいぶすすんできました。

描いて・書いているとき、こころがとても静けさに満ちています。
そして、ひとりひとり違う、それぞれの「そのままの美しさ」に、ハートがふるえます。

一昨日9/1、日付が変わった頃から、一気に8名様分、薔薇のイラストを描きはじめ、

昨日は、塗り重ねのあった、B5サイズの方の分のイラストを仕上げたり、

ライトランゲージの文字を書き込んだり。

そして、今日は、ライトランゲージの文字の続きと、メッセージ「祝辞」を少々。

まさに、「みんな違って、みんないい」だなと思うし、

生きて歩む人生の、一瞬一瞬のかけがえのなさや、完全さ、
どんな時もともにある「祝福」を感じ、

ただただ、「美しいなぁ」と、それぞれの生命の薔薇をながめては、
ふるふるしたり、うっとりしたりしています(笑)

La vie en rose、もう少ししたら、発送できるかと思いますので、
お申込みくださった皆様、今しばらくお待ち下さいね〜♪

今日は、ジムで、久しぶりに、フラダンスのクラスに。
(井の頭にいた頃に、ジムのフラクラスによく行っていたので、2年半ぶりくらい?)


わちゃわちゃと、おぼつかない手足で踊りながらも、
アロハ・スピリットというのでしょうか、
自然を愛し、自然の恵みに感謝して、自然とともに、生命のつながり・愛・調和を生きる…
そんなこころが、共鳴するように、身体の奥深くから、ドーンと立ち上ってきて、
ひとりで、ダーダー泣いてました。

(というか、ジムに行くと、ヨガでも太極拳でもピラティスでも、感動して、よく…ほぼ毎回?泣いてるのですが、長くなるので、その話は、またの機会に 笑)



(人間の身体も含め)自然の中には、真の「理」、生きる智慧が、潜んでいます。
わたしたち人間は…いや、わたしは、それを、そのままに体現して生きていく時が来ているのだと思います。

誰の内にも、それが存在し、それ自身を動かしている神秘…
当たり前に思っていることが、どれほどの奇跡と恩恵、膨大で細やかな情報に支えられているか。

自然から学び、自然とともに、自然を生きること。
創造性の花開くままに。





音楽でも、ヴォイスヒーリングやライトランゲージを始めさまざまなワークでも、アート表現でも、
さらに、ゆるぎない不動の心で、かつ、軽やかに楽しみながら、明確に、シンプルに、表現し、創造しつづけていきます。

Scroll to top