第1回オーディション総括

昨年9月末から、募集を開始しました、
macosmic Recordのシンガーオーディション!

【終了】シンガーオーディション開催!

沢山の方が、ご興味を持ってくださり、
Facebookや、ブログ、Twitter等、SNSでシェアをして下さったり、
ピンと来たご友人の方にお知らせくださったり、
情報の拡散にご協力くださったこと、本当に感謝です!

オーディションの提出書類に、
「あなたの人生のドラマと、それを通して伝えたいメッセージ」…という、
難題?があったにもかかわらず、
おかげさまで、総勢36名の方に、ご応募を頂きました。
ありがとうございました!

2018年末で、すべての審査を終了し、
いよいよ、オーディションの結果発表!!!でございます!


…が、その前に、

オーディションの審査の中で感じたことと、
それをふまえての、今後のmacosmic Recordの活動について、シェアさせてくださいね!


以前、ブログにも書きましたが、
一次選考中!
オーディション一次選考レポ!

応募に際して、人生のドラマとメッセージを書くことで、

これまで生きてきた自分に丸ごとOKを出せた…とか、
自分を知るよいきっかけをもらえた…とか、
書きながら、自分の中にある答えや、純粋な思いを見つけられた…とか、
自分がどれほど卑屈になって生きてきたのかわかって笑えた…とか、
自分にはこんなにエネルギーがあるんだと再確認できた…とか、

そんなふうにおっしゃってくださった方が多かったのが、とても印象的でした。


生きて、目の前に創造され現れる「現実」って、
ほんとうに、過不足なく、パーフェクトなのだなぁと思います。

幸せと、幸せの種だけがある。

だから、やっぱり、自分の「人生」を通して、
今ここ、目の前にあるもの、自分という世界を、丁寧に感じ、みつめ、
人生の贈り物を受け取ることで、自ずと幸せの扉はひらかれる。
(本当のところ、ずっと、ひらかれてしかいないのでしょうね。)

どんなに迷っても、見失っても、葛藤しても、
誰もがすでに、その内に、答えのようなものを宿しているし、
いきいきと生きていく力を持っている、

そのことが、本当に美しいと思うし、

そうやって、「物語」を通して、紡がれ、創造されていくものの素晴らしさを、
安らぎ・よろこびとともに、讃え祝福するだけだなぁと、

「Blessinger」、祝福するもの、祝福を歌うもの…という、
私自身のど真ん中に変わらずにある、生きる軸を、改めて感じています。


そして、また、人生のドラマを通して、みなさんが書いて下さったメッセージに、

よろこびからの表現や創造性の開花、音(声)の癒し、パートナーシップ(女性性と男性性)、
母性(無条件の愛と受容)、子どもごころ、共同創造、自然・地球…といった、

わたし自身が、この人生を通してみつめ、
これまでに、音楽や、音のWS・講座などの活動にこめて分かち合ってきたテーマについて、
書いて下さっていた方が多かったことも、とても印象的でした。

ひとりひとりが、それぞれに、創り出しながら、
みんなで響き合って、共に創り出してるんだなぁと、あらためて感じています。
 

そして、お子さんからのご応募が3件ほどあったことも、心にのこりました。

地球合唱団プロジェクトとも連動しながら、
生きる希望やよろこびにあふれた、子どもたちのまっすぐな歌声を、
レコーディングしたいなぁと感じました。


そんな流れもあり、
macosmic Recordの今後の活動としても、

やはり、これまでと変わらず、
母と子(母性とこどもごころ)、自然・地球、ヒーリングミュージックなど、
わたし自身が大切にしている世界観・音楽を、主要テーマにして、

関わり合う皆さんと、響き合いながら、
共に音楽を楽しんで、クリエイトして、分かち合っていこうと、

改めて、深く感じた、オーディションでした。


オーディションの要項にも書いたように、macosmic Recordでは、
歌の上手下手や、経験などは、まったく問いません。

「歌うことが好き」という、その純粋な思いを一番大切にしながら、

表現する「姿勢」や「在り方」、
つまり、「歌う」という行為を通して、その方から滲み出、溢れ出るような、
その方らしい、生命の創造のよろこび、

そんな「耳には聴こえずとも、鳴り響いている、存在の音」を、とても大切に思っています。
(つまり、わたしが、そういうものが好きなのです❤)

そして、それが、そのままに、
シンプルに、まっすぐに、豊かに、表に現れることを。

歌う本人も含め、その音楽、その響きに触れた方が、
深く安らいで、より創造的に、よろこびに満ちあふれて、豊かに幸せに生きられるような、

ひとりひとり・ひとつひとつが尊重された、関わりあい・つながりあい、
家族やコミュニティー、社会、国、地球、宇宙…生命を、共同創造していく音・音楽を、
分かち合っていきたいのです。

(ちびmaco的に言えば、みんなで笑って歌って踊って、お祭りみたいに暮らしたいのです♪
そして、それは、どこかに探し求めるようなものではなく、すでにここにあるから、ソレを生きていくこと❤)



オーディションの募集要項に、

この人生でよかった!
このわたしが最高!
生きるって素晴らしい!

そんなふうに感じあえる、

あなただからこその「人生のドラマ」を歌にして、
あなただからこその「声の振動」を響かせて、
世界に放とう!

と書いたように、

その方の、そのままが、自然に花咲いているような表現を、
存分に「音」を楽しんで、「音楽」にこめて、シェアしていきたくて、

今回の審査では、そういう点を大切に、選ばせていただいました。

(今回は、選ばなかったけれど、この先のこの方の表現を楽しみに…と、
勝手に、秘かに思っている方も、何人か…😊)

それぞれの花に開花するのに適した時期があるように、
人にもそのタイミングがあり、それを楽しみに待っているというような感覚です。
(そして、きっと、それは、その方を待っているようで、私自身を待っているのでしょう♪)

縁とかタイミングのようなもの…全体がうごめくようにつながりあっている中で、
流れの交差のようなものも、多分に働いているから、
それを信頼してゆだねつつ、見守り育むサポートをしていけたらと思っています。


そういう流れもあって、今回オーディションを開催してみて、初めて、
macosmic Recordで、ご縁を頂く方の音楽を制作するにあたって、

自分に伝えられることや、サポートできること、分かち合えることが、
まだまだ、たくさんあるのだなと認知しました。

macosmic Recordのコンセプトに、

あなたが、ここにいること、
あなたが、あなたであることで、放たれている、

生命の光、そのキラメキが、

「音楽」という宇宙に、表現され、
この世界に生みだされること、

macosmic Recordは、
その創造の母胎となります。

わたしたちを、慈しみ育む、
この美しい母なる星、地球のように!

と、書いていたけれど、

母のように、母なる地球のように、
その方らしい表現が花咲いていくことを、楽しみながら、見守り育んでいこうと思い、

今後は、「macosmic Sound Labo」という名前で、

たくさんある、ストック曲の楽曲提供・デモ音源のレコーディング、
そして、できれば発売までを、ひとつの「現実的な目標」に定めて、

作詞や作曲、歌唱・演奏他アーティストのための表現のレッスン、グループレッスン、
WS、研究会などをシェアしながら、包括的なプロデュースを行ってまいります。

お楽しみに。



というわけで、すっかり長くなってしまいましたが、

次回の投稿で、お待ちかねの、第1回オーディションの合格者の発表を行いま〜す☆

お楽しみにお待ちくださいませ!


Scroll to top