静寂の安らぎに抱かれて

生きているということは、変わり続けていくことであり、
それは、瞬間瞬間、手放し続け、新しく生み出し続けていくことでもある。

生物である以上、どうしても、変わることを恐れ、
現状を維持しようという力が働くものだけれど、

なにがどうあろうが、いつも、
そのままを受け容れられ、条件なく愛されているということへの理解…
存在に根ざしたゆるぎない安らぎがあるからこそ、

様々な変化にも、軽やかに、柔軟に対応し、
今、今、今…楽しみながら、変わり続けていける。

生命のダイナミズムに、波乗りするように、
生命の即興セッションをして、遊ぶように♪

身体にくつろぎ、今を丁寧に味わうことで、
自然に、マインドがみせる「恐れという幻想」がほどけ、
抵抗が手放されていく。

そして、失われることのない、なんでもない、そのままの安らぎから、
自然な躍動(生命それ自体がもつ愛や智慧や力)がわきおこり、
創造が溢れ出す。

必要以上に考えすぎることもなく、適切に思考が使われることで、
焦点が明確に定まり、創造は、ますますスムーズに成されていく。

何も知らなくても、いつも、
すべてを知る自己に内包されながら、
それを表現し、創造している。

すべては、移ろい変わり続け、創造という夢をみている。

なんにも変わらない、一切損なわれることのない、
静寂の安らぎに抱かれて。

Scroll to top