早春賦

こころ傷つかぬように 守るための殻 そのままを愛されて 芽吹き始める春 かけがえない 今 あなたと 愛でるように 大切に あじわって 芽吹き始める春   だれも信じられずに 閉じていた蕾 あ...

...

星めぐりの唄

川の 水面に 光 遊んで 風は 木の葉を ゆらし さざめく 山は ただ在り 入り日 迎えて 夜の しじまに 星が またたく 美しいこの星で  あなたとめぐりあい こうして みつめあい おなじ時 わかち...

...

Ave Maria 〜母なる星〜

  母なる星 わたしたちの地球   すべての生命を生み 慈しみ育む   誰もみな 愛されし子 このホシの子     安らぎに微笑み よろこびに輝いて   生命の光をはなち また 星となる     永遠...

...

光あれ

人はどこから来て どこへ行くのか? なぜ生きている? なにをしたくて? こたえはいつだって 沈黙の中 言葉虚しく 剥がれ落ちてく わたしをつらぬき 放射する 光のリアリティ 時空を切り裂き 現象の世界...

...

HOME

桜の花が 舞いおどる春 頬なでる やさしい風が 思い出を ひらく 静かな瞳 深く響く声 つないだ手の あたたかさと 見守る 微笑み あなたが くれたものは わたしが ただわたしで 笑って 生きていける...

...

愛はこころに咲く花

  深く傷つき ひとり閉じこもっても 道に迷って 疲れ果て倒れても 心の奥に 耳を澄ましてみれば 変わることなく 息づくいのちの音   本当の わたしの音 その響きを 感じて あた...

...

小さき花の祈り

いのちのままに 愛をあらわそう この声 ほほえみ まなざし 共にあること わたしに出来る 小さなことを野菊 ひとつひとつ ただ 愛をこめ 祈るように 今ここにいる ありのままの わたしから 満ちて溢れ...

...

天照らす

天高く 仰ぎ見る 太陽を 胸に抱き 地の星の 胸に抱かれて ここに 独り 立つ     生きていく この道は 不二の道 光あれ     この胸に 宿る よろこびを 燃やし 我もまた この星の 太陽と ...

...

いのちのうた

人はみんな ひとりで この世界に やって来て またいつかは ひとりで この世界を あとにする 目に見えるものだけを 触れられるものだけを 確かに思うならば 光なき影を見る uh… カタチあるものは す...

...

Scroll to top