一音と一曲と

音楽を創っている時、よく感じるのが、 一つの曲を成り立たせているのは、 一音一音だけれど、同時に、 一音一音、それぞれの中に、 一曲のすべての情報が、内包されているということ。…...

江の島讃歌

改札を 通り抜け 潮の香り 吸い込み 歩きゆけば 広がる海 光きらめく 水面 細めた 目の先には 静かに 佇む島 なぜかうれしい 心の中 ただいまと 声かける   晴れの日にも…...

愛はこころに咲く花

  深く傷つき ひとり閉じこもっても 道に迷って 疲れ果て倒れても 心の奥に 耳を澄ましてみれば 変わることなく 息づくいのちの音   本当の わたしの音 …...

音の銀河

人は、「音」からできている。 人だけでなく、あらゆる「存在」が。 幾重にも重なった、音の集合体。 まるで、音の銀河のようだ。 わたしには、そう観えるし、そう聴こえるのだ。 いろ…...

Scroll to top