Words

Blog Index

ブログの目次とアーカイブはこちら

Recent Posts

委ねと祝福

人生は自分で選んで、自分で創る…と、よく言われる。 それは、被害者的になったり、隷属的になったりしない、自立的・創造的な在り方や、個々の生命を尊重する在り方を見出すプロセスで、とても大切なことだと思う…

静寂の安らぎに抱かれて

生きているということは、変わり続けていくことであり、それは、瞬間瞬間、手放し続け、新しく生み出し続けていくことでもある。 生物である以上、どうしても、変わることを恐れ、現状を維持しようという力が働くも…

LOVE WS&ライトランゲージWSありがとうございました!

去る27日は、午前中は、LOVE WS、午後は、ライトランゲージWS step.2 応用クラスでした。 ご参加くださった皆様、ありがとうございました😊 もともと、岡山での開催を予定して…

オンラインライトランゲージ練習会ありがとうございました!

昨日は、オンライン・ライトランゲージ練習会でした!全国各地から、また、海外からもご参加頂き、ありがとうございました💗 ライトランゲージWSは、マイペースに開催してきましたが、練習会の開…

Recommend

一音と一曲と

音楽を創っている時、よく感じるのが、 一つの曲を成り立たせているのは、 一音一音だけれど、同時に、 一音一音、それぞれの中に、 一曲のすべての情報が、内包されているということ。   一音の中に、一曲す…

音の銀河

人は、「音」からできている。 人だけでなく、あらゆる「存在」が。 幾重にも重なった、音の集合体。 まるで、音の銀河のようだ。 わたしには、そう観えるし、そう聴こえるのだ。 いろんなレベルで、いろんな音…

音楽が教えてくれたこと

音楽は、いつも、 静寂から、生まれ、育まれ、 多様な彩りをもって、たち現れている。 そして、音楽は、その内に、静寂を内包している。 Life is Music 音楽を創る時、 意識のベースが、「静けさ…

響き合う音、響き合う世界

わたしは、 こう感じてる、 わたしは、 こう思う、 その思いや考えを、 偽らない。 隠さない。 ただ、そのまま、素直に、 分かち合うだけでいい。 歌う時に、 無駄な力は必要ないように、 ただ、 自然に…

静けさ

美しいものが好きだが、 一番美しさを感じるのは、 満ち満ちた、静けさ、沈黙…なのだ。 いつも、ここが、わたしの原点だ。 それは、いつか・どこかにあって、 探すような類のものではなく、 いま・ここにあっ…

愛と叡智の道、エデンの門

愛と叡智、 スピリチュアルと科学、 ものごとの背後に在る、本質を感じとる、 心の豊かさや深み、広がりも、 ニュートラルに、そこにある理や、法則を観て知る視点も、 どちらもが大切で、 そのどちらもが、互…

音の彩り〜音楽が運ぶ周波数

去年は、人間性の領域でも、霊性の領域でも、 その知覚・認識というのか、 意識に大きな変化・変容があった。 それは、さまざまな、特定の周波数を、 (これは、実際の耳では聴こえない方の、光とかエネルギーと…

あいの宇宙

「わたし」という、枠のない窓を通してみつめる、 私も含め、それぞれの人生、 そして、世界という景色は、 彩り豊かに、さまざまな陰影をもって、きらめき続けていて、 どんなに深い闇すらも、 それを存在させ…

I・愛というHOME 。

どんなきっかけや、 カタチであったとしても、 ここにあるのは、いのちの出逢いと交流で、 わたしがやっていること、 やっていくこと、 やり続けることは、 ここに観える、静けさ、安らぎ、 愛の宇宙(スペー…

愛と創造の原理

「人生」は、そして「世界」は、 「子育て」のようなものだなぁと、よく思います。 (そして、「子育て」のように「個育て」をしているのだとも。) 生命の光が、 その純粋さのままに輝けるように、 「自分」と…

今ここが生命の祝祭

ひとりひとりが、自分という生命を愛で育み、 ありのままのよろこびに生かすこと、 いのちのままに、ひかり輝いて生きること、、、   自分という生命を本当に大切にして生きることで、 同じように、…

美は宇宙の真理です。

美は宇宙の真理です。 光をあびてきらめく朝露に、 のびのびと歌を紡ぐ鳥の声に、 豊かに流れ続ける清らかな川の水に、 可愛らしい赤ちゃんのやわらかいほっぺに、 深く静かな夜の闇に、 ひだまりで昼寝する猫…

Flowing:∞ いのちはバランスしている

バランスを「とろう」とせずとも、 すべては、いのちのゆらぎのなかで、 自ずとバランスされていきますし、 また、同時に、よりトータルな視点でみるならば、 すでにバランスしているともいえます。 まるで、∞…

変えるべきものがあるのではありません。

変えるべきものがあるのではありません。愛され、受け容れられることを求めているものがあるのです。 そして、その愛しいかけらは、愛され、受け容れられ、安らぐことで、 自ずと、本来の自然なありようへと、変わ…

Scroll to top