Mariage(マリアージュ) とは…

 
「結婚」や「取り合わせのよいこと」を意味するフランス語のMariage
そして、Maria-Age マリアの時代という意味をこめて名付けられた、

Sound Artist macoとヴァイオリニストMISAOのユニット、Mariage(マリアージュ)。



表現のテーマは、内なる女性性と男性性の聖婚、
そして、女性性の美を生きること。 



安らぎや信頼の力で慈しみ育む聖母性や、

感性豊かによろこびを生きる聖なる女性性の意識を、音楽にこめて、分かち合ってまいります。

 

気品あふれるクラシック曲を中心としたサロンコンサートや、
楽しいおしゃべりや、心はなやぐ優雅なお茶会、
香りや美食、おしゃれ…五感で堪能する様々なコラボレーション企画を通して、

女性性(聖母性&聖なる女性性)の美…
受容する力、安らぎと信頼、慈しみ見守り育む力、生み出す力、
純粋なよろこび、艶やかさ、可憐さ、つながりあう力…など、存分に表現し、
みなさまと、響き合いながら、豊かな時間を、共に過ごしていけたらと思っております。

 

出張サロン・コンサートの開催や、コラボ企画のご相談など、
love.mariage888❤gmail.com(❤を@に変えてください)宛に、
メールにて、お気軽にご連絡くださいませ。

 


 

Maco:ピアノ・歌・ライトランゲージ・ヴォイス・作編曲

http://blessinger.net

東京芸術大学作曲科卒業。
作詞、作編曲、歌、ライトランゲージ(宇宙語)、ピアノなど、音による時空間創造で、生命の美しさを讃え、祝福するSound Artist。

2010年1stアルバム「Blessinger」、2016年シングル「いのちのうた」、2017年2ndアルバム「Mother」発売。

また、これまでに、様々なアーティストのライブサポート、サウンドヒーリング・ライトランゲージ等の音のWS・講座の提供、アニメ「ケロロ軍曹」の主題歌歌唱、「ユニクロ×ディズニー」のコラボプロジェクト等の広告音楽制作、ミュージカル「天の河伝説」への楽曲提供など、幅広く活動している。



 

Misao:ヴァイオリン

http://misao7.com/

国立音楽大学首席卒業。
同時に武岡賞受賞。
第8回日本クラシックコンクール第3位受賞。

これまでクラシックからJ-POPまで多数のアーティストのコンサートツアー、レコーディング、テレビ収録で共演。
奈良県天河神社、熊本県弊立神宮にて音霊奉納奏者に選ばれるなど活躍は多岐に渡る。

2013年初のソロアルバム「The MISAOIZM」、2016年9月セカンドアルバム「Voltex~内なる平和~」を発売。

 

 


 

wikipediaより
マリアージュ(mariage)

一般的な意味
フランス語で「結婚」のこと。→結婚

※フランス人はしばしば、もともとふたつで別々だった存在があたかもひとつの存在のように調和した状態になることを、詩的に(メタファー的に)「mariage マリアージュ」と言う[1]。 例えば視覚芸術ならば、キャンバス上で二つの要素がひとつのまとまった調和した視覚的効果を生むことを「マリアージュ」と言うし、料理・食事関係ならば、たとえば、一緒に食べるfromage フロマージュ(チーズ)とvin ヴァン(ワイン)の味が絶妙に調和した状態を「マリアージュ」と言う[2]し、また、例えば肉料理や魚料理などとフランス流ソースの味がうまくひとつになって調和した味が生まれている時もシェフやお客は「マリアージュ」と表現する。おまけにフランス人は、それらの調和した組み合わせをまず「mariage de A et B(AとBのマリアージュ)」と表現しておいて、さらにそのあとにわざわざ「ふたつの vie いのちが、ひとつのいのちになるのです。」などと、詩のような文章まで添えることも多い。